カピティチーズは、約30年前ニュージーランド北島で生まれ、チーズの味覚を一変させました。そのチーズは斬新で、刺激的で、一度食べたら忘れられないものでした。それからカピティは、食への探求心と情熱をもち、材料や伝統(財産)、風味、または土地そのものからインスピレーションをうけ、ユニークで、素晴らしい製品を作り続けてきました。

 

「カピティのチーズは斬新で、刺激的で、一度食べたら忘れられない」

 

私たちは最高の材料だけではなく、相応しい材料を考えています。その材料を世界で最も洗練された乳製品と合わせることで、魅力的な味や刺激的な食感、風味が生み出されます。また、私たちのもつスキルと情熱を注ぎ込むことにより、ニュージーランド独特な製品が完成するのです。

1980年代には、カピティチーズ、アイスクリーム、デザートは優秀なシェフのレパートリーにはなくてはならない存在となりました。チーズ品評会では常にノミネートされ、ご家庭では食卓を賑わすデザートとして選ばれ続けてきました。

私たちの商品は増え続けていますが、カピティの哲学や探求心はかわりません。喜びを感じ、共有するために、いまでも、そして将来も、私たちが中心となり素晴らしい製品を作り続けていきます。